アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
大きく高く適当に、そんな日々
ブログ紹介

名古屋を拠点にしている俳優の山形龍平です。毎日を大きく、ゆっくり、丁寧に、そんな暮らしをして稽古します。
http://twitter.com/ymgt_ryh

※公演情報※
ロフトDEクリスマス
悪魔のいるクリスマス
2017/12/21(木)〜24(日)@ナビロフト

タツノオトシドコロ第3回公演
OMOIDE IN MY DEAD
2018/1/24(水)〜28(日)@円頓寺Les Piliers

ラビゴン企画
タイムカプセル(仮)
2018/2/24(土)〜25(日)@ナンジャーレ
zoom RSS

悪魔のいるクリスマス

2017/12/15 11:12
大学のサークルで演劇をはじめて、初めて読んだ戯曲集が『悪魔のいるクリスマス』でした。部室にあったちょこっと古めかしい本でしたが、全く古びたものを感じなかった覚えがあります。いつかこれやりたいな、と思ってましたが、結局学生時代にはできずにそのままでした。それから名古屋に来て演劇を続けて、『悪魔のいるクリスマス』と出会って10年経った今、この作品に携わっています。ようやく会えた、また会えた、不思議さと嬉しさを感じています。そして作者の北村想さんの演出です。緊張しています。でもやっぱり、この作品は面白いです。10年前には感じなかった面白さというのか、深みというのか、そんなものを感じています。
クリスマスにぜひ。


ロフトDEクリスマス
『悪魔のいるクリスマス』
作・演出:北村想

■会場:ナビロフト
名古屋市営地下鉄鶴舞線「原駅」一番出口よりより徒歩8分

■日程:2017年12月21日(木)〜12月24日(日)
○12月21日(木)19:30
○12月22日(金)14:00/19:30
○12月23日(土)11:00/15:00
○12月24日(日)14:00

■料金:クリスマス特別価格
○一般:前売1,500円、当日1,800円
○大学・専門学校生:前売1,000円、当日1,300円
○中学・高校生:前売・当日共800円
○小学生:前売・当日共500円

■出演
○小熊ヒデジ(てんぷくプロ)
○森らんぽ。(はなはな団)
○オオノショウヘイ(劇団マネキン)
○尾國裕子(無所属・新人)

★詳細情報ページ
http://workshop360nagoya.wixsite.com/home/akuma2017

悪魔のいるクリスマス
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


てんぷくプロ

2017/12/06 17:26
空宙空地のツアーが終わって間もなく、てんぷくプロ第39弾「五色の舟」の稽古へ合流。今回は協力という形での参加。空宙空地のツアー中に、いろんなことがあるよ、と聞いていたが、面白いほどいろんなことがあった。まさかの形で出演も。なかなかない経験だった。てんぷくプロの皆さん、客演の皆さん、スタッフのみなさんに感謝です。

今回はてんぷくさんのアトリエでの公演。過去に1回だけ他の劇団が上演したのを観に行ったが、てんぷくさんは見事なまでにアトリエの隅々を使っていた。そんな隅々まで使った「朗読劇」。ツアー終了2週間後には本番なので、必死に台本を読んだ。休む暇もなく、風邪もひく暇もなく。一方の空宙空地さんも2週間後に本番、また翌週にも本番、と脱帽。9日間8ステージ、無事に皆様と共に走り抜けました。ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。

てんぷくプロ第39弾「五色の舟」


てんぷくさん終了後、ようやく風邪をひいた。どっと疲れもやってきた。まだ治らない。
そんなこんなで今日から第3回公演の稽古。ロフトDEクリスマスもある、ラビゴン企画もある。まだまだ、これから。もっと上に、もっと高く、もっと精進。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


空宙空地ツアー、終わりました

2017/11/21 13:09
空宙空地の4都市ツアー公演が終わりました。まずは、ご来場いただきました多くのお客様、ありがとうございました。

今回このツアー公演を経て一番感じているのは、俳優としてもそうだし、演劇人として大きなターニングポイント/転機と言うべきか、それはちょっと大げさかもしれないけども、少なくとも今までにはないチェックポイントだった。

全国各地には、イイモノをつくりたいと頑張ってる、お越しいただくお客様に最高のパフォーマンスを、と同じように演劇をやってる人がいることを実際に見て感じることができた。空宙空地さんのこの繋がりは、本当にすごい。この繋がり、僕はまだ細いつながりしかないけども、どんどん太く広くしていきたいと思った。時間がかかっても、だ。今回の4都市公演で、中学、大学、職場の同期などなど、懐かしい人、今までお世話になった人がたくさん見に来てくれた。こちらもずっと大事にしていきたい。これは演劇人としてのチェックポイント。

俳優としては今までにないポイントになったのは間違いなく感じている。今までの自分の演技というよりも、自分自身に対する向き合い方の甘さ、まだ足りないところを痛感し、今までにない悔しさを感じた。それでもそれを乗り越えて、それがキッカケでうんと楽しく芝居ができた。ホントに大きなポイント・転機。これからさらに精進していかないといけない。

空宙空地のお二人をはじめ、多くのお客様に見ていただき、懐かしい友人にも来ていただき、各地のスタッフさんからも声を頂いたり、手伝っていただいたり、本当に感謝です。ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ツアー終わりました、の前に

2017/11/15 21:08
久しぶりに書こうかな、書かなきゃなと思ったら、夏が始まる前で止まっていました。まずはこの夏のことについて、書こうかなと。今さら、と自分で突っ込みながら、夏に参加した短編演劇イベント。『東海JUNGLE・1』。
ずーっと前に七ツ寺でちょこっと話したことしかなかった台越くんから連絡がきて、トントントンと流れるように決まりました。戯曲は劇団さよならの長谷川彩さん、会場はレピリエ。『かえるさん』からさらに進化・ハイテクノロジー化したレピリエ。本当に凄いし、ありがたいです。円頓寺もさらにオシャレなお店が増えてもいました。
西アサヒの玉子サンド、丸小のコロッケ、はねえびのエビフライなどなど、美味しかったです。
いや、芝居の話を。。
長谷川さんの戯曲はもちろんオモシロイもので、ただ自分が演出する、ということで、戯曲本来の味を出しながら、どういう手法を用いるか、俳優をどのように闘わせるか、などなど、微力ながら戯曲やレピリエと向き合いました。また、他の団体の芝居を観て、勉強もさせていただきました。切磋琢磨するイベントは、単独と違って妙な緊張感がありました。お客さんにオモシロイものをみせたい、だけではなく、「他のチームよりも」という生々しい感情もありました。こういうのがあると、いいのかもしれません。
まだまだ、全部、もっと上手くなりたいです。俳優としても、演出としても、時々作家としても、もっともっと。最後の後説で、少々語彙が足りない、チョッとおかしな感じでしたが、それはまあ、ご愛敬で。こちらも、上手くなりたいです。
これが、夏の振り返り、でした。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いよいよ夏本番です。

2017/06/30 16:27
かえるさんが終わって、基礎稽古を行い、俳優としてちょっとはちゃんとした身体になってきました。基礎稽古は大切です。昨年大晦日以来、役者をやっていない時間は、改めて俳優としての自分を鍛える時間になりました。
いよいよ夏です。
9月末から客演で空宙空地さんに参加いたします。
3都市回って名古屋での4都市ツアー公演です。
いよいよです。緊張してきました。
詳細は後日お知らせいたします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「かえるさん」終わりました。

2017/03/14 18:50
第2回公演『かえるさん』が無事に終わりました。ご来場くださったお客様、ありがとうございました。
また、俳優、スタッフをはじめ多くの方々にご協力いただきました。感謝申し上げます。

約10年ぶりに書いて、人生で初めて人様の前で上演しました。やると決めてから、なんとかなるもんだ、と思っていましたが、なんとかなったのか、なっていないのか。とにもかくにも、多くのお客様から感想を頂き、とても嬉しいです。また近所の方や観光客の方が、劇場前で足を止めてお話してくださったりと、円頓寺レピリエの魅力を改めて実感しました。ご来場いただいたお客様も、観劇後に商店街のカフェでの茶会話になっていれば幸いです。

普段は俳優として舞台にいるわけですが、作家として過ごしたのはとても大きな経験でした。楽しかったです。
この経験は絶対に無駄にしないように、自分自身に還元していかないといけません。そして、これをカンパニー内で共有していかないといけません。タツノオトシドコロは結成して間もなく1年になります。
次のステップへ、さらに頑張ります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あと2週間 (かえるさん)

2017/02/21 16:45
世に出る楽しみというか、オソロシサというのか、本番が近付くにつれて自分が書いたものを上演するという実感が出てきた。昔は書いたものを読まれると、いてもたっても居られないような、歯がゆい感じがしたけど、今回はそんな感じが一切なかった。それだけ、いっぱい経験してきたのか、それが吸収できて来たのかわからないけど、その時より少しは大きくなったのかな?と思っている。
面白いこと、楽しいことが、ちゃんと演劇になって、日の目を見るまであと少し。会場の円頓寺レピリエも変化し、本番まで化学変化だらけの稽古。
まだまだ、もうすぐの2週間。

ご予約も承っています。
ぜひ、ご来場ください。
https://www.quartet-online.net/ticket/kaerusan


詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://tatsunootoshidokoro.wixsite.com/tatsudokoro/next

画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大きく高く適当に、そんな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる